読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼猫物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

通学と通信、大学に通うならどっちがいいのか考えてみた。Part1

ふとこんなことを思いついたので記事を書こう。

 

僕は現在、中央大学法学部通信教育課程に在籍している。

いうまでもなく、通信制の大学である。

基本的にキャンパスに通う必要はないのです。

(通信って言ってんだからあたり前。

そもそもあんな遠いとこちょっくらちょいと行けるほど

近い場所じゃないんだからそんなにホイホイ行くもんじゃーない。

 

しかしながら、

 

時をさかのぼること10年前、僕はセンター試験を受験し、

見事地元の大学に合格!(しぶしぶ)通うことにしたのである。

 

通信の大学と通学の大学。

どちらも、それなりの時間もお金もかかっている。

 

日々仕事にいそしんでいる社会人の大半にとっては

興味のない記事かもしれないけど、

これから大学進学を控えた高校生にとっては

さぞかし重要問題だと思います。

 

“じゃあ、どっちがいいの?”

 

というわけで、

通学制の大学(普通の大学)と通信制の大学の

両方を経験した僕が検討してみました!!

 

※ 以下において「通信」とは、中央大学法学部通信教育課程をいい、

「通学」とは、一般的な国公立大学をいうものとします。

 

その1 学費

まずはとにもかくにも、お金がなきゃー何も始まりません。

嫌な世の中ですねー。

とグチっても何も変わらないので、とりあえず入学金から。

 

① 入学金

 通信 →  20,000円

 通学 → 282,000円

 

続いて授業料はこの通り↓

 

② 授業料(年間)

 

通信 →  80,000円

通学 → 535,800円

 

こうやってみてみると、改めて大学に通うのって

金かかりますね・・・。

こりゃあ元取れないんじゃないか、とすら思ってしまう・・・。

 

あ、ちなみにココに書いたのは国公立大学の金額なので、

私立大学とかだったら当然もっと金額は高くなりますよ。

 

その2 時間

続いて、卒業までにどのくらいの時間がかかるのか。

投資するのはお金だけではありません。

「時間」もお金と同じくらい、いや、

お金以上に重要な資源なのです。というわけで↓

 

通信 → 原則として4年(編入すれば最短2年)

通学 → 原則として4年

 

同じ「4年」ですが、これはかなり意味合いが違ってくると思います。

結論から言うと、通学のほうがかなり楽です。

 

通学の方も留年しちゃう人とかいますけどねw

でも、それもある程度まともにしていればそうそうないんじゃないかな。

出席してりゃあ単位くれる教授とかいるしねー。

 

他方、通信の方は完全に自己責任というか自分次第ですから、

その気になれば1年次入学でも4年で卒業できます。

(でもこれはかなり厳しいと思う。

1年次入学で中央通教を卒業する人はホント尊敬します)

 

まとめ

ここで、大学に入学して卒業するまでの

費用と時間を計算してみると以下のようになります。

 

① 通信

 入学金  20,000円 + 検定料 10,000円

 授業料  80,000円 ✖ 4年 = 320,000円

 合計  350,000円

 

② 通学

 入学金   282,000円

 授業料   535,800円 ✖ 4年 = 2,143,200円 

 合計  2,425,200円

 

 

とまぁ、金額を見る限りでは

明らかに通信制大学のほうが有利ということになりました。

 

通学制大学の5分の1以下ですよ!?

こりゃーコスパ世代の心をわしづかみに違いないっ!!(゜∀゜)

 

ま、通信の方も

スクーリングとか教科書代とか、スクーリングに行くための

交通費とか含めていないので、実際こんな安く済むとは

思えませんけどね。

 

でもそれは通学制の大学にも同じことがいえるわけで、

金額面だけで見れば

通信制大学は非常にリーズナブルであるといえるでしょう。

 

 

それでは、それ以外の部分はどうなんだろうか。

授業は?友人は?就職は?

 

こういった部分について、見ていくことにしましょう。

<関連記事> 

 

bluecat0903.hatenablog.com

 

 

それでは、また!!