あおねこ物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

2018年行政書士試験、受験しないことにしました。その理由は

f:id:bluecat0903:20180814113010j:plain

 

こんにちは。蒼い猫です。

 

世間はお盆休み、夏期休暇中の方が多いかと思います。毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さてさて、2018年の行政書士試験、すでに申し込みが始まっておりますね。

受験される皆さま、申し込みはお済みでしょうか。

 

と、ここで!!!

 

今年2018年の行政書士試験、ぼくは受験しないことに決めましたので報告いたします。

 

こないだまでは受験しようと思っていて、記述式の問題集まで買ったんですけどねえ。

それでも、受験はしないことにしました。

 

その理由は次の通り。しっかりと記しておこう。

同じように考えている方の参考になればと思います。

 

 

 

 

そもそも行政書士になりたいわけではない

 

行政書士試験って、基本的に行政書士になりたい人が受ける試験ですよね。

(きっとそうではない人も多いのではないか、と思いますが…あくまで建前は)

 

じゃあぼく自身はどうか?と思って考え直してみたんですが…

 

やっぱり行政書士の仕事内容には興味がない!!

という結論に達しました(行政書士の方ゴメンナサイ)。

 

行政書士の仕事は、行政に提出するもろもろの書類作成と説明されることが多いですよね。入管関係とか。

 

当然ですがそのような仕事も社会に必要とされているわけですし、そのような仕事をされている方々を否定する訳では当然ありません(むしろ今の勤務先に行政書士いたらいいと思う)。

 

…しかし、自分のやりたいことを考えてみたときに、それはちょっと違うんではないかという違和感がどうしても感じられてしまう。

(そもそも自分のやりたいことってなんだっけ?)

 

さっき言った入管関係とかは少しやってみたいと思うんですが、それを最優先とするのは何か違んだよな。やはりぼくは予備試験→司法試験→弁護士というルートを歩んでいきたい(ダメだったらそのときに考えればいい)。

 

仮にその通りにいけたとしても「ああ、今思うと大したことなかったな」「こんなもんのために一生懸命になっていたのか」と思うかもしれません。が、んなこたぁどーだってイイんだと思います。

 

そのために、「行政書士の試験対策に時間を割くべきではない」「予備試験の勉強に時間を割くべきだ」という結論に達しました。

 

 

 

 

予備試験は行政書士試験の延長線上にはない

これ。予備試験受験生は考えてる人多いんじゃないでしょうか。

 

「予備試験と行政書士試験って科目まるカブりだから、とりあえず行政書士受けるっぺー!」

 

実際ぼくもこう思ってました。

 

が。

 

中身をみてみると全然そんなことはない、ということがわかりました。

 

言うまでもなく、予備試験は

 

 基本六法+行政法+一般教養

 

と、とっても試験範囲が広いですよね。

それに対して、行政書士

 

 憲民行商+一般教養

 

と言う感じ。これだけみると確かにまるかぶりだと思えるんです。

 

ただ、予備試験の勉強は論文式試験の対策がメインになるのに対して、行政書士試験は、あくまでも択一式の対策に終始することになってしまいます。

 

つまり、いくら行政書士試験のために必死こいて勉強したからといって、それはあくまで予備試験でいうところの短答式試験の対策にしかならないわけなんです。

 

そして、行政書士試験に受かったとしても、さらに論文式試験の対策をしなければいけません。当たり前ですよね。

 

ということは、予備試験の受験を考えている人が行政書士試験向けの対策をすることは非効率だということが言えそうです。

 

反対に、予備論文の勉強をしている人が「ちょっと力試しに受けてみるか」と言って行政書士試験を受けるのは全然ありなんだと思います。

 

ぼくのような社会人は時間がありません。思った以上に。

「限られた時間を有効に使う」という観点からみれば、この判断は正解となるはずです。 

 

予備試験以外の勉強をしている時間的余裕がない

まあ、これも時間が関係してきますが、ぼくたち社会人は時間がありません。

限られた時間を有効に使うには、余計なことをしている時間なんぞないはずです。と言いつつ、最近ぼくは英語の勉強とかネットワークの勉強とかいろいろやっていますが…。

 

それも言ってしまえば転職のため。予備試験の勉強をする時間を確保するために職を変える、そのための勉強なので、それを今専門的に究めていくつもりはありません(いずれは深く勉強して行きたいですけどね)。

 

 

 

まとめ

というわけで、行政書士試験を見送る決断をした蒼い猫でした。

2018年受験される方々はぜひとも頑張ってください!!!!!!!!!!!

 

と、他方でぼくは転職→予備試験の勉強を開始させなければなりません。早急に。

こちらも急務ですが、とっとと次を見つけて勉強開始します。

 

目標、2019年予備試験短答式突破!!!!

 

 

以上、蒼い猫でした。

それでは、また!!