あおねこ物語 ―序章―

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

卒論提出完了

こんばんは。

 

みなさま、勤労感謝の日、いかがお過ごしでしょうか。

ぼくはというと・・・

 

ようやく卒論を完成させ、本日提出しました!!

 

f:id:bluecat0903:20171123192318j:plain

 

あっ、間違えた。。こっちだ。

 

f:id:bluecat0903:20171123192302j:plain

 

ようやく、ホントにようやくですが、何とか卒論完成させることができました。

 

本文は全部で21ページにも及ぶ超大作(?)です。

 

思えば、1年前は「卒論何書こうかな〜」と考えることすらしていなかったのですから、何とかなっちゃうもんですね。

 

そんなこんなで、何とか論題を決めたのが3月末とかでしたねえ。

確か、第1回卒論レポートを提出する直前だったと思います。直前まで何にするか決まらず、「1回目はとりあえず提出すればOK!」ということだけ考えて提出しました。(←やる気がない)

 

2回目も提出がギリギリになってしまい、3回目は出張先にMacBookと参考書を持って行ってレポート書いたくらいです。スーツケースが重くて、持ち運びにめちゃくちゃ苦労したなあ・・・。

 

3回目のレポートが返却されてからは、知的財産法の短スクとレポート作成に勤しんでいたので卒論は手付かず。これは後になってすごく卒論作成に響きました。

(しかもレポート不合格でこの短スクはムダスクーリング単位とれただけになってしまいました)

 

提出1週間前になっても最後まで書ききれていなくて、見直しとか校正どころの話ではなかったけど、土日で何とか仕上げて、その後昨日までは見直したり細かいところを直したりしていました。

 

そして今日!無事提出することができました。

 

2011年12月、入社2年目のダメダメ会社員であるぼくに支払われた雀の涙ほどの冬のボーナス。それを全て入学金に充てたのが、中大通教の全ての始まりでした。

 

そこから早6年。決して早く卒業できたわけではないけれど、どーにかこーにか卒論提出まで漕ぎ着けることができました。

 

合格するかどうかは年明け(2月ごろだったっけ)にならないとわかりませんが、口頭試問に進むことができるように、祈りたいと思います。

 

 

2018年3月卒業を目指して

あとは合格して口頭試問進めるよう祈るのみ!

 

それでは、また!!