あおねこ物語 ―序章―

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

卒論レポート返却

こんばんは。

 

先日の体調不良から見事(?)復活しました(まだ病み上がり)。

熱が38.5℃も出てしまって…仕事も行けず家で死んでましたよ。

気温差が激しいですから、みなさんも体調管理には十分注意してくださいね。

 

 

さてさて!

待ちに待っていた(?)卒論レポートがようやく今日返ってきました!!

 

いやもうー恐怖しかありませんわコレ。

だって普通のレポートと違って、自分で考えたことについて添削されるんですもの。

どんなふうにボロクソ言われるのか…届くまで恐怖に慄いておりました。。

 

そんな中、郵便局の方が

 

「ピンポーン」

 

とやってきたので、受け取って中身を確認………。

 

 

 

(((゜д゜;;;)))

 

 

 

 

締め切りに間に合わせるためだけに書いた稚拙なレポートなのにもかかわらず、

厳しくもしっかり読んでいただいたうえで

アドバイスをしていただいたという印象が見て取れます。

きっと、こういうところに中央大学の良さが表れているんでしょうね。

 

具体的には…

 

 「テーマが広すぎます。もっと絞りましょう」

「その中でも、このテーマは面白いと思いますので、こういうのはどうでしょうか」

「参考文献が全然足りません。まずは資料集めからがんばりましょう」

 

という、厳しくも温かいアドバイスの数々。

最初は読むのさえためらわれましたが、よくよく読んでみると

インストラクターの方の意見と次回のレポートまでに

修正すべき点が具体的に指摘されているように感じられます。

 

提出期限はなんと1ヶ月後!!仕事をしながらだと全然時間がありません。

それまでに 資料収集 + レポート作成 を完成させて

提出しなくてはいけません。

 

しかしながら、2018年3月を目指すぼくとしては

これは何としても完成させなければいけません。

 

ともに来年3月卒業を目指すみなさま、

がんばりましょう!

 

 

2018年3月卒業を目指して

 

それでは、また!!