読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼猫物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

授業料 振込完了(その6)

今日は代休でした。平日に休むのはイイですね。

その分昨日(日曜日)出社してるのでよく考えたら全然よかぁないですが(怒

 

そろそろ3月になります。この時期になると、中央通教生の自宅にもれなく届いているアイツの処理をしなくてはいけません。

え、アイツって何かって?それは・・・授業料の振込依頼書です。

 

てなわけで、本日、無事支払いを済ませてきました!!

f:id:bluecat0903:20170227230634j:plain

 

その金額、なんと80,000円!!

ハッキリ言って破格じゃないですか!?コレ、1年間の大学の授業料ですよ??

社会人であればもちろん、学生でも年間この程度の金額なら捻出するのは全然問題ないです。

 

ちなみにこの授業料、三井住友銀行で振り込むと手数料の864円が無料になるんですが、僕の家の近くには三井住友銀行が無いので(誰だ、今田舎だって思ったやつは!)、しょうがなく近くの銀行で振り込みました。時間もったいないからね。

 

ホントに…4年間通っていたあの大学は何だったのか、と思ってしまいます。金と時間かけた割に得るものは少ないし、意味あったのかな。

 

<関連記事>

bluecat0903.hatenablog.com

 

 

タイトルが「その6」となっているのは、6回目の支払いだからです。もうそんなに長いこと通ってるんですね。学校に6年間通うのなんて、小学校以来ですよ。当然ですがその1からその5までの記事はありません。

 

毎月7,000円ずつ貯めていた中央通教の授業料も、先月からは貯めるのをやめました。

来年3月にゼッタイ卒業するためです。

 

年1回とはいえ、80,000円が土管ドカンと出ていくのはサラリーマンにはちとキツイですよね。僕は毎月の給料の中から7,000円ずつ、貯金をしていたのです。

 

昔から必要なお金を貯めるクセはつけられていたので、あまりこの辺は不自由感じませんでした。逆に、あるお金を全部使っちゃうような人はキツイかな…。

 

卒論だけのために払う80,000円はちょっと高い気もしますが、これを払わねば卒業できませんから、仕方ありません。今回が最後ですからおとなしく払いましょう。

 

それはそうと、最近は卒論の構成に頭を悩ませています。

(ひそかにプログラミングに取り組んでいるのは内緒)

 

卒論レポート締め切りまであと1か月近くしかないのか。時間ないな。

 

2018年3月卒業予定の皆様、第1回卒論レポートの提出締め切りは、

2017年3月27(月)~4月3日(月)【必着】 ですよ!

 

これを逃すと、もう卒論レポートは受けられません!

期限の確認を忘れずにしておいてください!

 

詳しくは毎月自宅に届く「白門 2月号」42ページを参照してください。

(もう3月号って届いてるのかな…?うちには届いてない)

 

期限に遅れないよう、計画的に進めましょう!

 

2018年3月卒業を目指して

 

それでは、また!!