読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼猫物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

センター試験の思ひ出

今日、明日はセンター試験ですね!

受験する皆さん、頑張ってください!

 

かくいう私もセンター試験を受けた経験がありますので、

受験者の気持ちはよ~~~く分かるつもりです。

 

天気も心配ですね・・・。

僕の住まいは今のところ雪は降っていないですが。

 

センター試験受験当時

センター試験。もう10年以上前になりますが、

高校生のころは必死で勉強していました。

 

進学した高校が中途半端な進学校だったので、

周りも頑張ってましたね。自分もまけないように、と

友達と話をしたりもしてたんですよ。

 

当時から法律が勉強したい!と思っていたので、

進学希望は法学部でした。

筑波大学首都大学東京中央大学など

すげー行きたかったのを覚えています。

模試の志望校はだいたいこの辺で埋め尽くされています。

 

センター試験の思い出

センター試験当日はなぜか雪が降ることが多いですよね。

僕らの時も例にもれず、見事に雪が降ってました(笑)

会場が家からそれほど遠くなかったので、

親に会場まで送ってもらいました。

あの頃は英語の試験で初めてリスニングが導入されたときでしたっけねぇ。

(年がバレる)

 

1日目の1時間目が政治経済だったんですが、

確か僕らの代から出題の形式が変わったんですよ。

 

それに見事にやられまして。

結構自信があった科目で大失態をやらかしたのを覚えてます(笑)

 

他方、かなり苦戦した国語は(苦手だという割には)まずまずな

成績をとれてホッとしてました。

 

法律を勉強している今だからわかるけど、

国語の勉強ってかなり大事ですね。

数学とか英語とか日本史とか一生懸命やってたけど、

まず国語、しかも現代文の勉強きちんとやらないとダメだなっていうのは

よ~~~~~く感じます。

この科目は感覚で解けるものではありませんね。

 

 

2日目の数学ⅡBの時は試験中に腹痛に襲われて、

こちらも大失態・・・。

文系なのに比較的理数系は得意だったのですが、

悔しかった思い出がよみがえります。

 

センター試験 その後

 

結局、力を出せずに終わってしまったなというのが

僕のセンター試験を振り返っての感想です。

 

そして進学先は、

結局地元の国公立大学(法学部はない!)にしました。

 

まぁ母子家庭で金がなかったので、

しょうがないと言えばしょうがなかったんですけどね。

 

卒業して就職からも

やっぱり法律の勉強したい!という思いが消えなかったので、

現在(念願叶って)中央大学法学部

法律の勉強をしているわけです。

 

現役大学生のような若さは無いかもしれませんが(笑)

 

それでも、あの時が

今の僕の全てのスタートラインだったわけです。

 

受験生へ

まぁ受験生がこの時期に

こんなブログを見ているとは到底思えないのですが(笑)

 

やりたいことを見つけて、希望する大学に進学できるよう

頑張ってください。

やりたいことを見つけに大学に行く、っていうのもアリだと思います。

他にやりたいことが見つかればそれをやればいいし、

見つからなければ辞めればいいし、

とりあえず大卒という肩書がほしいのなら卒業したほうがいいだろうし。

 

とはいうものの、

4年間という時間と

その間の費用(授業料や生活費など)を

費やして得たものが、

なんとなく過ごした中身のない大学生活と

大卒の肩書だけというのでは、

あまりにも代償が高すぎます。

 

まして奨学金を借りるのならなおさらです。

そしてそれは、

たとえ東京大学だろうと京都大学だろうと、

どんな難関大学でも同じことでしょう。

 

そのあたりは、自分自身でよく考えたり、親や周りの人と

よく相談してくださいね。

 

そして、後悔しない選択をしてください!

 

皆様の検討を祈ります!