読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒼猫物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

刑事訴訟法

刑事訴訟法まとめ その4

問:窃盗幇助罪の公訴事実で起訴された被告人の公判で、検察官は、これに盗品等有償譲受罪の訴因を追加することができるか。 公訴事実とは、訴因として構成される前の社会的な事実をいう。また、訴因とは、社会的な事実(公訴事実)を法律的に再構成して、検…

刑事訴訟法まとめ その3

覚せい剤使用の疑いがある被疑者が違法な逮捕により逮捕された(警察官は、被疑者逮捕の際に令状を呈示せず、逮捕後においても呈示をしなかった。また、捜査報告書には逮捕状を呈示した旨の事実を記載し、公判においても同趣旨の供述を行った)。任意に提出…

刑事訴訟法まとめ その3?

覚せい剤使用の疑いがある被疑者が違法な逮捕により逮捕された(警察官は、被疑者逮捕の際に令状を呈示せず、逮捕後においても呈示をしなかった。また、捜査報告書には逮捕状を呈示した旨の事実を記載し、公判においても同趣旨の供述を行った)。任意に提出…

刑事訴訟法まとめ その2

問:A罪で逮捕・拘留されている被疑者に対し、別のB罪の取調べを行うことに関する法的な問題点について検討しなさい A罪(いわゆる本罪)の逮捕・勾留は適法に令状の発付を受けたうえでなされているのに対し、B罪(いわゆる余罪)についての取調べは適法…

刑事訴訟法まとめ その1

問:被告人Aと共に犯行を行った旨の供述が共犯者Bによりなされ、この供述が被告人Aにとって不利な唯一の証拠である場合に、これによりAを有罪と認定することができるか。 憲法38Ⅲ・刑訴319Ⅱは自白の補強法則を定める。 補強法則とは、自白により被…