あおねこ物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

改正行政不服審査法 逐条解説5(ひとりごと)

f:id:bluecat0903:20180507235731j:plain

そろそろ飽きてきたぞ・・・。

 

 

bluecat0903.hatenablog.com

bluecat0903.hatenablog.com

bluecat0903.hatenablog.com

bluecat0903.hatenablog.com

 

 

六十二条

 再審査請求 → 原裁決があったことを知った日の翌日から起算して1ヶ月以内

         原裁決があった日の翌日から起算して1年以内

         いずれも正当な理由があるときはこの限りではない

 

十三条

 裁決書の送付

 

六十四条

 期間経過後の再審査請求・不適法な再審査請求 → 却下

 理由のない再審査請求 → 棄却

 再審査請求に係る裁決が違法または不当だが、再審査請求に係る処分が違法または不当のいずれでもないとき → 棄却

 事情裁決の規定あり

 

六十五条

 原裁決(事実上の行為以外)について理由のある再審査請求 → 裁決で、当該裁決の全部or一部取消す

 原裁決(事実上の行為)について理由のある再審査請求 → 当該事実上の行為違法または不当であると宣言 + 処分庁に対し当該行為の全部or一部を撤廃すべき旨命ずる

 

六十六条

 準用規定

 

六十七条

 行政不服審査会 → 総務省に設置!!!!

 

六十八条

 委員は9人(「不服」の「9」)

 

六十九条

 委員は公正な判断可能・法律または行政に関して優れた知見を有する者が対象

 両議院の同意を得る

 総務大臣が任命する

 

七十条

 委員の互選により会長を設置する。

 会長は、会務を総理し、審査会を代表する。

 会長に事故があるときは、あらかじめその指定する者がその職務を代理。

 

七十一条

 審査会に、専門委員を設置することができる。

 専門委員は、学識経験を有する者の中から総務大臣が任命する。

 専門委員は非常勤とする。

 

七十二条

 審査会は、委員のうちから審査会が指名する3人で構成する合議体。

 

十三条

 事務局設置できる。所定の職員設置可能。

 

七十四条・七十五条

 審査会の調査権限

  審査関係人に、その主張を記載した書面または資料の提出請求可能

  審査関係人の申立があった場合、口頭で意見を述べる機会を付与せねばならぬ

  この場合、審査請求人または参加人は、審査会の許可を得て補佐人とともに出頭

 

七十六条

 審査関係人は、審査庁に対し、主張書面・資料提出可。

 審査会が、提出に関し相当期間を定めたときは、その期間内に提出。

 

七十七条

 審査会は、委員に調査させることが可能。

 

七十八条

 審査関係人は、審査会に対し、審査会に提出された主張書面の閲覧、資料の閲覧、などをすることができる。審査会は、第三者の利益侵害の恐れまたはその対正当な理由があるときでなければ拒否できない。

 審査会は、閲覧・交付をするときは、提出人の意見を聞かねばならぬ。

 審査会は、日時・場所指定可能。

 審査請求人または参加人は手数料を納める必要がある。

 

七十九条

 審査会が諮問に対する答申をしたときは、答申書の写しを審査請求人・参加人に送付し、その内容を公表する。

 

八十条

 しんさかいの必要事項は政令にて定める。

 

八十一条

 CKDに関係機関を置く。

 

八十二条

 教示制度

  審査請求・再調査の請求・再審査請求をするときは以下の事項を教示。

   ・不服申立て(上記3つの総称)できる旨

   ・不服申立てをすべき行政庁

   ・不服申立てができる期間

 

十三条

 教示制度

  教示をしなかったときの不服申立て → 当該処分庁に不服申立書提出OK

  この場合において当該処分が処分庁以外の行政庁に対し審査請求できるものであったとき → 処分庁は速やかに当該不服申立て書を当該処分庁に送付 → これにより初めから問題ない不服申立てがなされたものとみなす。

 

八十四条

 情報提供してね

 

八十五条

 裁決等をする権限を有する行政庁は、不服申立ての処理状況について公表するよう努めなければならない

 

八十六条

 必要事項は政令で定める

 

八十七条

 審査会の委員が秘密を漏らしたときは1年以下の懲役or50万円以下の罰金。

 職を退いた後も同じ。

 

附則

 まあ附則はでないでしょ。ここまでやっときゃ不足なし。不測の事態に備えるのもいいかもしれないけど。

 

 

 

以上で改正行審法終了!!

どれほど頭に入ったかは不明だけど、きっとぼくの行審法とのあゆみはここから始まるんだ。試験本番までには完璧にマスターしてくれるわ。まっとけ行審法!

 

というわけで、明日から行訴法の復習に入ります。

 

 

 

それでは、また!!!!

改正行政不服審査法 逐条解説4(ひとりごと)

f:id:bluecat0903:20180507235731j:plain

 

少し時間が空いてしまいましたが、どんどんいきますよー。

 

 

bluecat0903.hatenablog.com

bluecat0903.hatenablog.com

bluecat0903.hatenablog.com

 

 

十三条

 審査庁が審理員意見書の提出を受けたときは、行政不服審査会などの機関に諮問する。

 諮問した審査庁は、審理関係人にその旨を通知 + 審理員意見書の写しを送付。

 

 

四十四条

 行政不服審査会などから答申を受けた審査庁は、審査庁は遅滞なく裁決をする。

 

 

四十五条

 処分から法定期間経過後になされた審査請求・その他不適法な審査請求は却下する。

 審査請求に理由がないときは棄却する。

 事情採決とは:審査請求に係る処分が違法または不当ではあるが、これを取り消し、または撤廃することにより公の利益に著しい障害を生ずる場合において、審査請求人の受ける損害の程度、その損害の賠償または防止の程度およびその方法その他一切の事情を考慮した上、処分を取り消し、または撤廃することが公共の福祉に適合しないと認めるときは、審査庁がする当該審査請求を棄却する旨の採決。

 審査庁は、主文で、当該処分が違法または不当であることを宣言せねばならない。

 

 

四十六条

 処分に理由があるときは、審査庁は、採決で、当該処分の全部もしくは一部を取り消し、またはこれを変更する。ただし、審査庁が処分庁の上級行政庁または処分庁のいずれでもない場合には、当該処分を変更することはできない。

 

 

四十七条

 事実上の行為についての審査請求が理由がある場合には、審査庁は、裁決で、当該事実上の行為が違法または不当である旨を宣言するとともに、処分庁に撤廃もしくは変更を命じ、または自ら撤廃もしくは変更する。

 

 

四十八条

 不利益処分はできません!!!!!

 

 

四十九条

 不作為についての審査請求

 申請から相当期間経過前の審査請求・その他不適法な場合は却下する。

 不作為についての審査請求に理由がない場合は棄却する。

 不作為についての審査請求に理由がある場合には、裁決で、不作為が違法または不当である旨を宣言する(審査庁が処分庁の上級行政庁である場合)。 + 当該不作為庁に対して当該処分をすべき旨を命じ、または自ら当該処分を行う(審査庁が不作為庁である場合)。

 

五十条

 裁決書には次の事項を記載する。

  主文・事案の概要・主張要旨・理由

 裁決書には審理員意見書を添付せねばならない(行政不服審査会に諮問しない場合)

 再審査請求をすることができる裁決をするときは、次の事項を教示する。

  再審査請求できる旨・再審査請求先の行政庁・再審査請求期間

 

 

五十一条

 裁決の効力発生時期:相手方に送達されたとき

 裁決の送達は、裁決書の謄本を送付して行う(公示送達もOK)。

 公示の方法:謄本保管 + 審査庁の掲示場に掲示 + その旨官報に記載

 公示から2週間経過をもって送付があったものとみなす。

 

 

五十二条

 裁決の拘束力:関係行政庁を拘束する。

 

 

十三条

 審査庁は、裁決後速やかに提出された証拠書類その他の証拠物を返還せねばならぬ。

 

 

五十四条

 再調査の請求

 処分があったことを知った日の翌日から起算して30日以内に行なう。

 ただし正当な理由があるときはこの限りではない。

 

五十五条

 誤った教示をしたときの救済

  再調査の請求できる処分なのにそれを言わない場合に審査請求されたときに審査請求人から申出があったとき : 速やかに審査請求書または録取書を処分庁に送付せねばならない。 → 送付を受けた処分庁は、速やかにその旨を審査請求人・参加人に通知しなければならない。

 

五十六条

 再調査の請求について、決定を経ずに審査請求がなされた場合:再調査の請求は取り下げられたものとみなす。

 

 

五十七条

 再調査の請求がされた日または不備が補正された日の翌日から起算して3ヶ月を経過してもなお引き続き係属しているときは、処分庁は、直ちに審査請求できる旨の通知を書面で教示せねばならない。

 

 

五十八条

 期間経過後の再調査の請求・そのた不適法な再調査請求 → 却下

 理由がない再調査請求 → 棄却

 

 

五十九条

 理由のある再調査請求 → 当該処分全部もしくは一部を取り消し、または変更。

 事実上の行為についての再調査の請求に理由があるとき → 処分庁は、決定で、当該事実上の行為が違法または不当であることを宣言 + その行為の全部または一部を撤廃または変更する。

 不利益変更の禁止

 

 

六十条

 再調査の請求後になされる決定は、

  主文・理由を記載

  処分庁が記名押印した決定書によりしなければならない。

 

 

六十一条

 再調査の請求に準用される審査請求の規定

   9条4項 

  10条:法人でない社団または財団の審査請求

  11条:総代

  12条:代理人による審査請求

  13条:参加人

  14条:裁決をする権限を失った場合

  15条:審理手続の承継

  16条:標準処理期間

  18条3項

  19条:審査請求書の提出

  20条:口頭による審査請求

  23条:審査請求書の補正

  24条:審理手続を経ないでする却下裁決

  25条:執行停止

  26条:執行停止の取り消し

  27条:審査請求の取り下げ

  31条:口頭意見陳述

  32条:証拠書類等の提出

  39条:審理手続の併合または分離

  51条:裁決の効力発生

  53条:証拠書類等の返還

 

 

よし、もう寝よう。

しかし、これで本当に頭に入っているのかが本当に疑問…(たぶん入ってない)

 

 

  

改正行政不服審査法 逐条解説3(ひとりごと)

f:id:bluecat0903:20180507235731j:plain

 

続きその2。早く終わらせようと思ふ。

 

 

bluecat0903.hatenablog.com

bluecat0903.hatenablog.com

 

 

第三十二条

 審査請求人・参加人は、証拠書類・証拠物を提出できる。

 処分庁は、処分の理由となる事実を証する書類物件を提出できる。

 いずれの場合も、審理員が提出期間を定めたときはその期間内に。

 

第三十三条

 審理員は、審査請求人もしくは参加人の申立によりまたは職権で、書類その他物件の所持人に対し、相当期間を定め提出要求できる。

 

 

第三十四条

 審理員は、適当と認める者に参考人として事実の陳述・鑑定を求めることができる。

 (審査請求人もしくは参加人の申立または職権による)

 

 

三十五条

 審理員は、必要な場所につき検証をすることができる。

 (審査請求人もしくは参加人の申立または職権による)

 申立により検証をするときは、申立者にあらかじめ通知し立会の機会付与。

 

 

三十六条

 審理員は、審査請求に係る事件に対し審理関係人に質問できる。

 (審査請求人もしくは参加人の申立または職権による)

 

 

三十七条

 審理手続の計画的遂行

 (二十七条との違いとは如何に・・・?)

 

 

三十八条

 審査請求人または参加人は、審理員に対し、提出書類の閲覧・交付を求めることができる。(審理終結までの間。審理員は日時・場所の指定もできる。また、審理員は、第三者利益侵害のおそれがある場合、その他正当な理由がある場合でなければ拒否不可)

 審理員は、閲覧・交付に際しては書類提出人の意見を聞かねばならぬ。(審理員が不要と認めるときは除く)

 審査請求人または参加人は手数料を納めなければならない(審理員は、経済的困難その他特別の理由があるときは減免可)。

 読み替え規定

 

 

第三十九条

 審理員は、必要と認める場合には、審理手続の併合・分離をすることができる。

 

 

第四十条

 審理員は、必要と認める場合には、審査庁に対し、執行停止すべき旨の意見書を提出することができる。(この条文はそのまま覚えられそう)

 

第四十一条

 審理手続は次の場合に終結する

  ・審理員が必要な審理を終えたと認めたとき

  ・処分庁等により弁明書が相当期間内に提出されない場合(二十九条)

  ・審査請求人により反論書が相当期間内に提出されない場合(三十一条一項)

  ・参加人により意見書が相当期間内に提出されない場合(三十条二項)

  ・審査請求人・参加人により証拠書類等が相当期間内に提出されない場合

  ・書類等の所持人により書類等が相当期間内に提出されない場合

  ・申立人が正当な理由なく口頭意見陳述に出頭しない場合

 審理員が審査手続を集結したときは

  ・審査関係人に対し手続終結の旨

  ・審理員意見書および事件記録を審査庁に提出する予定時期

 を審理関係人に通知する。

 

 

四十二条

 審理員は、審理手続を終結したときは、遅滞なく審理員意見書を作成。

 審理員意見書を作成したときは事件記録とともに速やかに審査庁に提出。

 

 

 

 

今日はここまで!!

紛らわしい書類の名前はたくさん出てきますね。

これを区別して正確に覚えられたら特典に結びつくかも。

あとは、誰が請求できるか、とか、どんなとき請求できるか、とか、かーなーり細かいところまで覚えられればいける!!気がする。(それだったら行訴法覚えた方がいい気もするけど)

 

 

 

それでは、また!!