あおねこ物語 ―序章―

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

蒼猫式民法学習塾 〜0時間目 蒼猫と宅建について〜

というわけで、お待たせしました!

(誰も待ってない)

 

蒼猫式民法学習塾!(仮称)

 

これは、中央大学法学部通信教育課程在学中 かつ 宅建有資格者であるぼくが

宅建の勉強に悩める全ての方に対して、一番やっかいな科目である

民法の基礎の基礎について、(勝手に)アップし続けるというもの!

 

ぼくの勤務する会社に宅建を受けるという方がいて、

「全然わからないから教えて!」と言われたのが全ての始まりです。

 

そもそもなぜ今回宅建を教えることになったのか?

その背景について簡単に書いておきましょうかね。

 

1.宅建取得に至る経緯

そもそも僕が宅建を取得しようと思ったのは、就職がきっかけでした。

内定もらったのが不動産屋さんだったんですね。

で、当時大学生だったぼくは

 

「不動産屋といえば宅建だろ!」

 

と短絡的に考えてしまい、内定をもらって少し経った

大学4年の冬くらいから、ちょこちょこ勉強を始めていました。

 

そして入社。仕事が23時に終われば早い!という超絶ブラック企業状態だったにもかかわらず、何とか入社1年目で合格。

5問免除とか予備校とかは使わずに完全に独学でやったので、「5問免除の申し込み方法」とか「予備校はどこがいいの?」とかは正直よく(というか全然)わからないのですが…。

 

それでも、幸い今でも中央大学で法律の勉強しているので、ただ宅建合格しただけの人よりはちゃんと(?)教えられるかなぁ、と思います。

とりあえずできることはやってみます。

 

2.宅建とは?まずは内容を理解しよう

では、次に宅建とは何か?について簡単に説明します。

 

宅建(たっけん)とは、宅地建物取引士という国家資格をいいます。宅建の資格を持っている人は、不動産会社で住宅を販売する際に行う重要事項説明(以下「重説」といいます)をすることができます。

…というよりは、宅建有資格者でないと、この重説は行うことができません。

重説は、不動産会社が住宅を販売する際には必ずすることになっています。(例外はありません!)

また、不動産会社は宅建の資格を持っている人を一定割合以上、従業員として雇用しなければいけません。

正確には、5人に1人以上は、専任の宅地建物取引士でなければなりません。

 

…かなり簡単ですが、宅建の概要はこんな感じです。不動産会社と宅建は、切っても切れない関係なのであります。

 

3.宅建取ると何かいいことあるの?

で、今度は資格を取る側からの視点からですが、、、

この資格を持っていると何かいいことあるの?という話。

せっかく頑張って勉強して資格を取ったとしても、リターンが何もなければ資格を取る意味もないですからね。具体的にはこんな感じでしょうか。

 

 ① 資格手当がつく

   不動産会社でなければつかないと思いますが、上に書いた通り、宅建は不動産会社にとって超重要な資格です。当然、会社としては従業員に資格を取得してほしいと考えています。

   そして、資格を持っている人には、資格手当がつくところがほとんどです。(相場…というものはよくわかりませんが、1万円〜3万円といった感じでしょうか)

   それでも何も付かないよりはイイですよね。

 

 ② 不動産会社には就職ができる

   ①でも書いた通り、会社は宅建有資格者を欲しています。(成長している不動産会社ならなおさらです。人数が足らなくなると会社を拡大することができなくなってしまいますから。新たに支店を開設したりできなくなるわけです)

    誤解を恐れずに言えば、宅建持っててある程度フツーの人であれば、不動産会社は採用してくれると思います。営業でしょうけど。とりあえず、仕事がなくて困る!という事態は防げると思います。

    あとは自分が頑張るか頑張らないか。やるかやらないか、ですね。

    ※ ちなみに、ぼくは不動産の営業はしたくありません!今の仕事が営業というわけでもありません。なので、ぼくは宅建持ってますが 仕事がなくて困る! という事態を防げません(笑)

 

 ③ 民法の基本的な知識・考え方が身につくので、普段の生活でも役に立つ

   これ、字面だけみると「ふーん」って感じかもしれませんが、ぼくはこのメリットって結構大きいんじゃないかと思います。

   宅建有資格者というより法学部生という立場からの意見になってしまいますが、基本的に世の中の大多数の人は法律なんてよくわかっていません。憲法や刑法といった法律ならともかく、我々の生活に直結するような民法労働基準法ですら、です。

   世の中には悪い人がいて、法律を知らないのをいいことに違法行為をさも当然のごとく行なっている人がごまんといます。

   そういう人たちが多いなかで民法の知識があるとどうなるか。

   「あれ、これって民法ではこうなっていたけど、この場合はコレでいいのかな…?」と気づけるようになります。

   そうすると、誰か法律をよく知っている人に詳しい話を聞いてみたり、周りにそういう人がいなければ、自分で調べることだってできるようになります。

 

   つまり、自分の身を自分で守ることができるのです。

 

   正直、宅建民法勉強したぐらいでは(というと失礼ですが)、この場合はこうなる、これがこうだったらああなる、なんて具体的な判断はとてもじゃないけどできません(ぼくもできません)。

   しかし、民法の基本的な知識があれば、「あれ、コレってこれで大丈夫なの?」と気づくことはできます。逆に言えば、民法の基本的な知識がなければ、気づくことすらできません。

   この違いは非常に大きいです。気づいたけれどどうしたらいいかは分からない と 気づかない の間には雲泥の差があります。

   一見小さいようなこの違いですが、一旦知識が身につけば、一生自分の身を守る手段として役に立ちますよ。

 

 ④ 法律系試験の登竜門的位置付けなので、さらにステップアップできる

   宅建の他にも法律系・不動産系の試験はたくさんあります。

   司法試験や司法書士試験、行政書士試験に不動産鑑定士土地家屋調査士、測量士、マンション管理士管理業務主任者 などなど…。

   宅建はこうした試験の中でも比較的簡単な試験に属するので、宅建の取得をきっかけにこうした資格を取得することで、ステップアップにつながります!

 

   とはいえ、近年は宅建試験も難化傾向にありますので、決して油断できる試験ではありませんが…。

 

4.まとめ:がんばります!!

とまぁ、今回はざーっと概要を書いただけになってしまいましたが。。

次回以降は具体的な内容に入っていきます!

興味のある方は、定期的に観察をお願いします(笑)

 

自分でも勉強しないといけないので、こりゃプレッシャーですね(汗

こういうプレッシャーなら全然構いませんけど(笑)

 

ではでは、記念すべき第1回、0時間目はこの辺で。

 

 

2017年宅建合格を目指して

 

 

それでは、また!!

 

 

今さらだけど先日購入したMacBook Pro(2016)が快適すぎる件

先日のiPadですっかりりんご症候群(?)になってしまったわけですが… 

 

<参考記事> 

bluecat0903.hatenablog.com

 

 

またまた買ってしまいました!MacBook Pro

 

MacBookを買ったのは初めてですが、もう最高の一言ですよ、コレは!!

 

ちなみにぼくが買ったのは、2016年10月発売のモデル。

13インチでTouch Barはついていないやつです。

またまた整備済製品から入手しました♪

 

 

実は、自宅へ届いたのは3週間ほど前になります。

なので、まだ使い慣れてないといえば使い慣れてませんけれども、

とりあえず現時点で気づいたところを書きなぐる。そりゃ!

 

 

 

 

 

1.薄い!軽い!画面が綺麗!外観は申し分なし!!

 

いやもう箱開けて驚きました!

 

めっちゃ薄い!従来のパソコンと比べると脅威的な薄さ!

その薄さたるや、なんと14.9mm(Appleウェブサイトにて)。

 

 f:id:bluecat0903:20170505091735j:image

ほら、この通り!目薬と同じくらいの薄さですよ。

すごくないですか?(笑)

 

そして持ってみてビックリ。驚くほど軽いですよ。

その重さ、なんと1.37kg(Appleウェブサイトにて)。

これだったらどこへでも持ち運べてしまいますね〜。

ぼくは15インチのパソコン(HP製)を使っていたのですが、

そいつじゃこうはいきません。

 

 2. Windowsパソコンにはない独特の打鍵感。好みは分かれるかも。

すこしいじってみてまず違う!と思うのがこの点でしょうかね、キーボード。

配置も若干違いますが、それ以上に違うのが打鍵感。

 

キーストロークが浅い。これは今までのHPとは明らかに異なるので、

若干慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

(人によっては慣れないかも。好みは分かれると思います…)

 

参考:キーストロークとは?

e-words.jp

実はぼくもこの言葉の意味、最近知りました(恥)

ここでは、キーを指で押してから離して元に戻るまでのキーの沈み具合、といったところでしょうか。

このように、いろいろな言葉が登場しているので、ついていけないといけませんね。。

(オッサンみたい) 

 

配置もJIS配列とか US配列とかいろいろありますので、

こればっかりは実際に最寄りのApple製品販売店へ行って

触って確かめてみたほうがイイと思います。

買ってから「なんじゃこりゃー!」と思っても遅いですから。

 

 

3. Windowsパソコンとは違う点がちらほら。最初は戸惑うから注意。

キーボードの他にも、いくつか違う点があります。

まずはホーム画面。

f:id:bluecat0903:20170505082501p:plain

アイコンが画面下部にまとめて配置されていますね。

WIndowsパソコンとは明らかに違うのがわかるかと思います。

 

それから、使用できるソフト。

WindowsではMicrosoft Word,Excel,PowerPointなどなどのソフトを

使うことになりますが、MacBookでは、

Pages,Numbers,Keynoteというソフトがプリインストールされてます。

(恥ずかしながらこれもMacBookを買って初めて知りました。。衝撃…!)

 

Windowsパソコンだと、この辺のソフトは別途購入しなければいけませんので、

その点は便利だなーと思います。

 

あとは、変換方法とかが地味に違うので、ブログ書いたり

書類作成したりする時は若干戸惑うと思います。例えば…

 

カタカナ変換 → Control + K

半角ローマ字変換 → Control + ;

全角ローマ字変換 → Control + L

 

などなど。これはごく一部ですが、いじってると色々分かってきます。

ぼくもまだこの辺は覚えている最中です。

 

WIndowsパソコンにはない Commandキー もありますので要注意です。

 

4. スピーカーの音がめちゃくちゃキレイ!YouTubeも高音質!

スピーカーの音質がめちゃくちゃ音質キレイです!!

iPad Proも音がキレイだなーと思っていましたが、iPadを凌駕していますね!!

 

YouTubeでさえキレイな音で再生されるから驚きです!

(こればっかりは画面上でお知らせできないのが残念ですが)

 

HULUなどの動画視聴サービスも快適に観れますよ。

<HULU>

www.hulu.jp

 

月額1000円でこのラインナップはめっちゃコスパ高い!と思って

僕はもう1年くらいお世話になっています。

(観てるのはもっぱら 名探偵コナンシリーズ ですが)

アマゾンプライムビデオとかも気になりますけどねぇ。

今度調べてみようかな・・・。

 

 

5. 一番のネック。若干値段が高い。

まぁ一番のネックはコレでしょうね。値段。

Windowsパソコンと比べると、どうしても割高になってしまいます。

ぼくは整備済製品から12、3万円前後で購入できましたが、

普通に買おうとすると15万円程度かかってしまいます。

これって結構買うのためらっちゃうレベルじゃありませんか?

買って使ってみた今となってはすごく大満足なのですが、

踏み切るのはなかなかムツカシイと思います。

 

 

6. それでも買えば大満足すること間違いなし!

Windowsパソコンユーザーが一番心配することといえば、

実際使ってみて使いづらくないか?ということだと思います。

 

結論から言って、全く問題ありません!

それどころか、Windowsパソコンには戻れないんじゃないか?とすら

思ってしまっています。非常に使い心地はイイですよ!

購入を迷っている方は、一度店舗で見てみることをオススメします!

 

 

 

iPadMacBookは揃えたので、あとはiPhoneのみ。

ぼくは最近にわかにApple製品にハマっておりますので(遅い)

次はいよいよiPhoneを購入する予定です(こないだ買い換えたばかりなので当分先)。

 

最近はChromebookや、先日発表されたばかりの

surfacebook laptopも気になります。

japanese.engadget.com

 

まずは今使っているこのMacBook Proを使っていくことにします。

 

 

不定期ですが、また何か買ったら更新します。

 

 

それでは、また!!

情報交換

今日は支部会で知り合った友人と外出してきました。

連休中は卒論やります!とはいうものの、

こういう息抜きや情報交換も重要です。

 

その友人も2018年3月卒業を目指しており、

共に頑張っているところです。

 

が。

 

話を聞くと、仕事が忙しくてなかなか苦戦している様子…。

ぼくも仕事しながらなのであまり変わりはありませんけども。

 

「卒業したらどうするの?」

「法律の勉強の他にやりたいことは?」

 

などなど、非常に短い時間ではありましたが、

有意義な時間を過ごすことができました。

今度はもっとじっくり話がしたいなぁ〜。

 

ちなみに、この質問に対してぼくなりに

考えてみたことは以下のとおり。

 

卒業後の進路。その方向性について

卒業したら、まずは予備試験合格に向けて本格的に勉強を開始します。

そして、合格の翌年は司法試験受験→合格!というサクセスストーリーが

ぼくの頭の中でバッチリ描かれています。(まだ描かれているだけ)

 

来年(2018年)は予備試験受験→短答合格までは持って行きたいところです。

そのために、卒論はパパッと(と言うほど簡単ではないけど)終わらせて

予備試験対策に注力したいところ。

 

そう考えると、2018年3月の卒業は、もはや目標とは言えません。

絶対達成すべき、最低限のラインにすぎない。最低限の基準。当然達成すべき前提。

そして、予備試験合格に向けて全力を尽くしてヤリキルのみ。

 

ただ、そのために仕事をどうするかと言うのは正直考えどころです。

辞めることによって時間を最大限確保できるのは間違いないが、

誰がどう考えてもリスクが高すぎる。

ただ、「やりたいことがありすぎて、仕事をしている場合ではない」と

いうのは、友人との共通認識のようでした(笑)

 

理想としては、まずは時間単価の高い仕事を見つけて転職し、

現在と同等以上の給与をもらえる程度に働く。

そして、増えた自由時間を全て学習時間に充てる。

ただ、これは現時点では正直ムズカシイ。

東京やある程度の都市圏ならともかく、ここは北関東の地方都市の一角。

さすがに地方山間部よりマシであるとはいえ、時間単価の良い仕事など

そう簡単に見つかるものではありません。最低賃金も低いし。

 

特別なスキルがあれば可能であるが、そうでない一般ピープル

こうした仕事ができるかといえば甚だ疑問であります。

 

であれば“特別なスキル”を身につければ良いのでは?となるが、

それにはそれで時間も労力も、もちろんお金もかかります。

 

だからと言って、今の勤務先・仕事を続けたままというのはあまりにも危険。

長時間労働、低賃金であるだけでなく、

汎用性のない通り一辺倒の知識・経験しか身につきません。

現在の職場で自分の好きな仕事・望む仕事ができる可能性は限りなくゼロ。

自分のライフスタイルに合わせて働き方をフレキシブルに

変えていくなんてことはできるはずもありません。(サラリーマンですからね)

おまけに、必要以上に求められる仕事・会社・上司への忠誠と周囲との同調。

 

こうした働き方を一般的な視点から否定するつもりは全くありませんが、

少なくともぼくには合わないんじゃないかと。

(その割には7年くらいこういう風に働いているけれど。

とはいえ、今のこうした仕事に満足したことは一度もありません。)

 

これは、現在のぼくにとって要検討事項といえます。

卒業するまでに、その答えを出さなくてはいけません。頑張ります。

 

法律の他にやりたいこととは?

続いて、法律の勉強の他にやりたいこととして

僕が今考えているのは、プログラミングと英語。

 

プログラミングは、一時期はブログを作成して

やる気に満ち溢れていたのですが…、

現在は完全に放置状態更新停止中となってしまっています。

 

というのも、ぼくはマルチタスクには向いていないと考えたからです。

色々と手を広げすぎてしまうと、全てが中途半端になってしまいます。

卒論も、予備試験対策も、仕事(とりあえずは)も、プログラミングも、英語も…と

手を出した結果、全ていい加減になってしまい、

卒業はできません、予備試験は短答落ち、

仕事はなあなあでミスも多いし、英語は試験の点数は高いけど喋れない、おまけに

プログラミングはちょっとかじったことあるけどあんまりよく分かっていない…

というのでは、泣くに泣けません。

 

そうなってしまうよりは、まずは優先順位を決めて、

一番優先順位が高いものに徹底的に注力する。

 

そうすることに決めたのです。

また、そうすることが一番効率的なのではないかと。

 

と考えた時に、まず一番先に注力すべきなのは、中央大学卒業。

つまり、卒論の作成です。

(※ 優先順位が一番高いのは仕事ではありません!)

 

それが終わったら、予備試験、プログラミング、英語…とこなしていけば、

確実に身につくでしょうし、それらの相乗効果も期待ができます。
(と勝手に考えてるだけかもしれませんが)

 

まとめ:まだまだやりたいことだらけ!ここからが本番です。

まだまだ、挑戦は終わりません!

とはいえ、仕事はまだ続けますので、卒論を提出→合格してからが

本番だと言うことになりますが…。

資金も貯めなきゃいけないし。そういう意味では

卒論合格までは仕事を続ける意味があるのではないか、と考えています。

 

しかし、卒論合格→中央大学卒業!となった暁には、

ぼくは次のステージに向かい歩き出します。

 

という決意をすることができた1日でした。

明日は気を取り直して、卒論に没頭します。

そして、1日でも早く卒論を完成させることに集中します。

 

 

今日は眠いのでもう寝ます。

睡眠を十分に取らないと戦えないですからね。

 

 

2018年卒業を目指して

 

それでは、また!!