蒼猫物語

寧ろ鶏口と為るとも牛後と為るなかれ。

みんないつまでその仕事続けるの?

職場にて。

用があって職場の同僚に声をかけようとしたら、

せかせかと忙しそうに仕事をしている。

 

彼の仕事は、2月から3月が一年で最も忙しい。

話しかけても、返事はどこか上の空だ。

しかし、だからと言って充実しているわけではなさそう。

疲弊しきっているように見えた。

 

他人事ながらふと気になってしまったのだが。

 

 

「彼はあと何年この仕事を続けるつもりなんだろう?」

 

 

これ。

みなさん、本気で考えたことありますか?

会社の人(仲いい人とか後輩とか)に聞いてみたい。本気で。

 

僕も本気で考えたことと言われると…。

あるにはあるけど、答えは出ていないというような感じ。

(それは本気で考えたとは言わないのでは)

 

なんとなく会社に行き、

なんとなく仕事をして、

たまに怒られたりしてムカツクけど、

会社に行ってれば給料はもらえるし、

生活は楽じゃないけど、別に食っていけないほどじゃない。

休みはまぁまぁあるし、たまにはどこか遊びにも出かけられる。

環境が変わるのはいろいろめんどくさいし、

それだったら今のところにいたほうがいい…。

 

もしかして、こんな風に思ってたりしませんか?

 

うーん、エラそうに書いている僕も、

よくよく考えればこうなってた時期があります。

 

しかし!

 

今の会社に定年まで勤めあげるのか?

他に何かやりたいことないのか?

 

と考えたとき、それには明確に

NO!と答えられます。僕の場合。

 

300万くらい貯金を貯めて、司法試験に専念できる環境を作る。

必死で勉強して、予備試験、司法試験に合格する。

 

かなりザックリしたプラン(もはやプランですらない)、

こうした明確な目標があるのです。

 

思えば入社当初からこのような野心はありました。

しかし、組織に飲み込まれてしまい、そのような野心を

忘れていたのかもしれません。

 

最近年を重ねるにつれて、

このままじゃいつまで経っても予備試験受からない!

こう本気で思うようになりました。

 

この記事のように

仕事に対する記事を積極的に書いているのだって、

半分自分に言い聞かせているようなものです。

 

積極的に声(記事)にしていかないといけない。

 

 

いつまで今の仕事続けるの?

 

一度自分の心に問いかけてみましょう。

 

何かもやっとしたものが感じられたら、

自分の仕事とか、やりたいこととか、キャリアプランとか、

そういうことを真剣に考えたほうがいいかもしれません。

 

 

かくいう僕は…

うわーモヤッとしっぱなしだーーーーー!!

絶対辞めてやるーーーーー!!

 

 

それでは、また!!

始めることより続けることのほうが難しい

今日は月曜日。週明け。

気が乗らないながらも、仕事に行ってきました。

本日の出勤を終えた皆様、お疲れさまでした。

まだ仕事をしている方。…早く帰りましょう。

 

というわけで。

 

何か新しいことを始めたい。

僕の場合は、プログラミングや、ピアノの演奏や、英会話、転職…。

やりたいことがたくさんあります。

(その前に早く予備試験合格しろ)

 

しかし、新しいことを始めることって、言ってしまえば

いつだって、誰だってできます

 

そりゃそうですよね。

プログラミングをしたければ、本を買ってきてパソコンに向かう。

楽器の演奏をしたければ、ピアノ教室に通う。

英会話を学びたければ、アメリカへ行く。

 

する気になれば明日にだってできることばかり。

 

しかし、これらのことをやり続けるとなると…?

話は変わってくるかもしれません。

 

毎日2時間、パソコンに向かってプログラミングの勉強をする。

毎日2時間、仕事が終わった後にピアノ教室に通う。

2か月間、アメリカへ行って一人で生活する。

 

ほら、格段に難しくなります。

ムリだ!こんなのできない!

そう思ってしまうのも無理はないかもしれません。

 

「継続は力なり」とは昔から言いますが、

やはり、続けるということはホントに難しいことだなぁ、と実感します。

 

あ。こんな僕でも続けていることがひとつだけありました。

 

法律の勉強です。

 

初めて勉強したのは、大学1年生のころ。

民法というものを初めて勉強したときは、何が何だか全然わかりませんでした。

 

しかし、大学での民法の講義を聴き、

中央大学で本格的に法律を学んでからは、そんなこともなくなりました。

(論文を書くレベルには到底至りませんが。それはこれから)

 

その中央大学だって、入学して5年経ちます。

この4月から6年目です。

 

残るは卒論だけ。やっとここまできました。

必ず卒論を仕上げて、卒業してみせます。

 

そして、絶対に予備試験、司法試験に合格します。

宣言します。

(と言ってもそれほど多くの時間をかけずに受かりたい)

 

法律の勉強は、今のところ続けることができている。

続けることが難しいと言われているなかで。これだけは続けられている。

 

だとすれば、自分にはもうコレしか残っていないんじゃないか。

これで成功できなければ、今のままで終わってしまうんじゃないか。

 

そんな気さえしてしまいます。

 

だから、頑張るしかない。

頑張って、勉強して、合格するしかないんだ。

 

と言っても、がんばるだけじゃダメですから、

必ずいい結果を残します。

 

皆さんも、結果はなかなか出ていないけれども、

続けられている(続けられてしまっている)ことって、ないですか?

 

それは、もしかしたらとてつもない可能性を

秘めてるかもしれません。

 

 

なんだか、今日は普段と感じが違いますね。なんでだろう?

 

それでは、また。

正社員不要論

ん、まあタイトルの通りなんですけれども。

 

正社員って、会社の奴隷じゃありませんか?

 

言うまでもないですよね。「社畜」というぐらいですから。

 

正社員に限らず、労働者とはすべからく会社の奴隷といえますが、

その中でも特に

正社員って、ホント会社にコキ使われてますよね。だって、

会社に対するフルコミットを要求されるのに、

不要だと思われれば簡単に捨てられるんですから。

 

フルコミットとは?具体的に言えば・・・

 

① 仕事に対して常に成長を強制される。

 

そこに働き方を選択する自由はありません。

 

ダイバーシティ?何それ?あぁ、お台場ね。」

 

そんな感じですよ、現場は。

そして、仕事に対しての成長を拒めば上司から容赦なく罵声を浴びせられる。

常に仕事第一の生活を要求されます。

 

「仕事が未熟なら、勤務時間外に勉強しろ。」

「会社の資料を自宅に持って帰って勉強しないとダメだ。」

 

これは僕が実際に言われたことです。

なぜ仕事を家に持って帰ってやらなければいけないのか?

 

意味が分かりません。

残業代も出さないくせにいっちょ前なこと言うな!

 

上司・会社への服従を強いられる。

 

それだけならともかく、

会議などで上司に意見することは許されません。

これに逆らったとならば異動・左遷・ひどい会社だと

職場イジメとかあるんでしょうねぇ。

 

それに加え、

本来業務時間ではない昼食の時間でさえ、

上司の顔色をうかがいながらメニューを決める。

 

部下「課長、今日のお昼は何になさいますか?」

上司「う~ん。君は何が食べたい?」

部下「自分は定食が…」

上司「今は定食って気分じゃないなぁ。却下。」

 

こんな会話しょっちゅうですよ。(僕の職場だけ?)

「じゃあ聞くんじゃねーよ!!」

そもそも、一緒に食べに行く義務もないのに

なぜあなたとお昼を食べに行かなければいけないんですか?

ホントくだらない。こういうのやめてほしいです。

 

③ 休日でさえ会社のため。サービス残業、サービス出勤なんて当たり前。

最近は会社からケータイが貸し出されていたりすることがあります。

それは一向に構わないんですが、

さすがに休みの日は電話出なくていいですよね?

 

いや、電話だけならまだいいですが(よくないけど)、

仕事が終わらなければ、土日でさえ出勤しなければなりません。

仕事を終わらせられないお前が悪い!って言いますからね、彼らは。

 

「タイムカード?そんなの切りませんよ。サービスです、サービス。」

 

そういいながら金にならない仕事をする人は大勢いるでしょう。

なんで払われない給料のために仕事しなければいけないんですか?

 

まとめ:正社員なんてバカらしい。絶対になっちゃいけない!!

まぁ労働者になること自体バカらしいという人も多いでしょうが。

正社員にだけはなっちゃいけない!!

派遣とかアルバイトの人が「正社員になりたい」って言ってるの

たまにテレビとかで聞きますけど、ハッキリ言ってやめたほうがいいです。

 

いやコレ、7年正社員やってる僕がこう思うんですから

間違いないですよ、ホントに。 

 

 

じゃあ何が良いのかというと、

個人的にオススメなのがフリーランスとか派遣

 

リーランスって、実際やってる人は僕の周りにはいませんが、

以前より急激に増えてきているのは間違いないでしょう。

ブログ書いて生計を立ててる人もいますから、一時期よりはなりやすいでしょうね。 

 

も仕事がないとか派遣切りとか言われていますが、そこは

自分に絶対的な技術があれば問題ないと個人的には思います。

事務職とか製造業の派遣はキビシイでしょうから、

何か特別な技術が必要な業種なら絶対に食っていけるはずです。

 

正社員って総合職として採用されることが多いです。

(銀行や大きな会社はそういうところが多いかな)

ジョブローテーションとかあって、数年おきに

いくつかの部署を異動させられたりすることもありますけど、

あんなの「能力ある若者を会社の奴隷にして、しかも

しまいには使いものにならなくさせる最悪の制度」ですよ。

 

会社にダメにされたくなかったら、

技術を磨かないといけません!

 

好きなことを見つけて、技術を磨きましょう!

 

 

それでは、また!!